実質0円?AQUOS ケータイ SH-06Gをdocomoオンラインショップで購入してみたよ&ドコモショップ(実際に店舗がある あなたの街にあるドコモショップ)との違いも検証しる!驚愕の事実が!!!
AQUOS ケータイ SH-06Gをdokomoオンラインショップで購入。じっさいに実質0円でした。
この記事の簡単な内容は⇒実質ゼロ円は本当&ドコモショップとdokomoオンラインショップはまったく別物&ドコモショップでも値段等の差があるケースも。

分かっている人には「あたりまえじゃん!」という事も…分かってない人には超不思議&理不尽な事と捉えるのは、あたりまえといえばあたりまえなのですが…先日、初めて知った事実がありました。
 ドコモから手紙が⇒継続していただいたらdポイント3000ポイントプレゼント
 「おお!やっとドコモも 新規の客ばかり優遇しないで、長期契約のお客様に還元する形をとったのか!」と思い
 続く⇒
スポンサードリンク


…でも…なんか…いつもの貰えるのだか?プレゼントされないのか?わからないパンフだったwのでドコモのインフォメーションセンターへ電話。
 電話しながらドコモのHPをナガラ(HP内をみる)していたらAQUOS ケータイ SH-06G実質0の表示を発見! わたしは二台もちでドコモのスマホはほぼ待ちうけ専門になっていたので…「このさい契約改めて、ガラケー(通話のしやすさ)にして実質0を活用してバッテリーの新しい新品に変更するか…」との深いw思慮のうえでのドコモインフォへ電話。
AQUOS ケータイ SH-06Gをdokomoオンラインショップで購入
↑時間表示されているのが 今回届いたAQUOS ケータイ SH-06G
しばらく待った後、キレイなお姉さん(イメージ)が電話に出て⇒AQUOS ケータイ SH-06G実質0、最寄のドコモショップへ自動車免許証と今お使いのスマホをお持ちいただければ手続き可能です とマジでいっていた。
 最後の方に「お客様 確認でございますが…クレジットカードか銀行引き落としの手続きは…」⇒もちろん既にスマホ料金を払っているので其の手続きは完了済み。翌日ちかくのドコモショップへGO!

 ドコモショップの待ち時間は 大きな病院より長い事が判明。おいらディズニーランドへ来たのか?

「いらっしゃいませ!二時間待ちです!」
 すずしい顔をしてお姉さんがハキハキと言っていたから⇒まちがいない!日常化しているよ二時間待ちが!
2時間待ち?!⇒二度聞き直す⇒ハイ⇒いつもなの?⇒「…」⇒(いつもだよコレ!ここはドコモだけどもさあ!

昼ちかくに来た事もアリ… 昼飯くってきていいですか?⇒いってらっしゃいませ⇒いってきます(オレ)
(´・ω・`)ご飯食べてもどってきて しばらくたって、やっと順番が来た。
実質0円?じっさいに検証AQUOS ケータイ SH-06G
ドコモオンラインショップ↑ではAQUOS ケータイ SH-06G実質負担金0
話をすると…なんか要領をえない…
 ホームページに書いてありました⇒ないですね?⇒チョッと待ってください…PC画面にならない…⇒ここ(ドコモショップ)はパソコンないんですか?⇒ないです!⇒へえ?!
すったもんだがチョッとあってオンラインショップの画面になって確認してもらった。
 ↑デカデカと実質0が書いてあるHPの内容をドコモショップでは知らない店員もいるのだ。
そこで質問した。
 「ドコモとドコモショップって もしかして別会社っていうか、関係ない?」
 パート2に続く⇒
楽天⇒AQUOS ケータイ SH-06G カバー・充電器・バッテリーを確認する